フィリピンから帰国したごみ

全体の作業日程

1月11日から18日まで、わたしたちシンシアで保管
40フィートのコンテナ122個/約2700トン

1月19日から2月8日までの予定で適正処理
処理依頼を受け、処理する施設
(株)シンシア/NECグループ コンテナ40個分
東京都(大田第二清掃工場)川崎市(浮島センター)横浜市(鶴見工場)

1月19日から、シンシアから東京都への搬出開始。運搬はシンシアが100%受託。

イメージ写真

東京都大田第二工場への搬出について

大田第二工場への搬出について(1)
1. コンテナの開封

大田第二工場への搬出について(2)
2. なかから、黒いビニールに梱包されたゴミを取り出す。

大田第二工場への搬出について(3)
3. ウイング車(10トン車5台用意)に積み替え、大田第二清掃工場へ(約15分)

今後の予定

東京都への運搬終了後、川崎市、横浜市への運搬開始。 川崎市、横浜市へは、シンシアにて各梱包を開いて、当社内で警察の検分後、各工場へ排出する予定。すべて搬出後、シンシア受託分40コンテナの開封、開梱、R・Cセンターにて適正処理開始。

シンシアのR・Cセンターは、24時間365日、常に850度以上の温度でごみを完全焼却する焼却炉(2炉)と、焼却後の灰を溶融し、資源化するための溶融炉(2炉)を有しています。また、850度以上での焼却でダイオキシン対策をしているわけですが、さらに、バグフィルタも設置し、環境対策は万全です。