環境への取り組み/CSR

CO2削減の取り組みについて

2015年のパリ協定を機に、日本でも「2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする」という目標が掲げられました。シンシアも廃棄物処理を通じ環境問題の一翼を担う企業として、CO2削減対策本部(本部長:代表取締役社長 増田 洋介)を立ち上げ、活動を開始しました。

今後は

  • 安定操炉による発電量の増加
  • 燃料や電力の使用削減
  • 省エネルギー機器の導入
  • 3Rの促進(リサイクルセンター及びお取引先へのご提案)
  • エコ車両の導入や運行管理方法の見直し
  • 緑化や植林の推進
  • 省エネルギー行動の実践

等の視点から、CO2削減対策に取り組んでいきます。

また、従前より廃棄物の焼却に伴い発生する熱エネルギーを利用した、サーマルリサイクルによるCO2削減に取り組んでいます。