シンシア品川リサイクルセンター

シンシア品川リサイクルセンター施設概要

 
ISO14001
JSAE170
CM001
所在地 東京都品川区八潮3丁目2番10号
アクセス
着   工
1996年 3月
竣   工
1998年 3月

中間処理業取得について

品川リサイクルセンター

■中間処理業の許可取得【第13-20-003072号】
破砕(2001年7月取得)、圧縮(2009年6月取得)

シンシア品川リサイクルセンターでは、二軸破砕機などによる「破砕」及び大型プレス機による「圧縮」の中間処理業許可を有しています。

受入可能な産業廃棄物の種類と処理能力

廃プラスチック類、金属くず、ガラス・コンクリート・陶磁器くず
● 破砕処理能力(4.8t/日)※
● 圧縮処理能力(42.2t/日)※

破砕後の廃棄物は、併設のシンシア品川 R・Cセンターにおいて焼却・溶融処理し、サーマルリサイクル・マテリアルリサイクルしています。
また、圧縮後の廃棄物は主に金属素材メーカーに売却し、マテリアルリサイクルを行なっております。

※いずれも混合の処理能力

     

東北リサイクルセンター(仙台市)

■中間処理業の許可取得【第05422003072号】
破砕(2015年5月取得)

東北リサイクルセンター(仙台市)では、二軸破砕機による「破砕」の中間処理業許可を有しています。

受入可能な産業廃棄物の種類と処理能力

使用済み情報通信機器類を中心とした廃プラスチック類、金属くず、ガラス・コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず(以上、自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)
● 破砕処理能力(4.34t/日)※

破砕後の廃棄物は、金属を回収し、プラスチックはRPF製造会社に出荷するなど最大限再資源化に努めています。

※混合の処理能力

ページトップに戻る